naga's-cafe


SLA-永瀬勝久のblog
by knagase4
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

“出会い”

先日ツタヤにビデオを返しに行った時に“ある出会い”があった・・・カウンターに向かうとその前に雑然と置かれていた本・・・“アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉”と言う本に・・・

以前からネイティブ・アメリカンに関する本は数え切れない程読んでいる。今回もその本が目に飛び込んできたかと思った瞬間、自分の手がその本に伸びていた・・・“本との出会い”・・・これも必然なのかもしれない・・・潜在的な部分で無意識に求めていたのかもしれない・・・

何故そこまで“ネイティブ・アメリカン”の文化・教え等々に惹かれるのか・・・俺の前世は“ネイティブ・アメリカン”だったから(笑)・・・なんて勝手に思ってしまう程、言葉の一つ一つが素朴でどこか懐かしい感じがするんです。同じモンゴロイドだからかな(笑) ネイティブ・アメリカンの赤ちゃんにも“蒙古斑”があるんですよ!

ここで少し“賢い言葉”を紹介してみます!

~ミタケ・オアシン~ = ~すべては関わり合っている~
“植物・動物はひとの兄弟  耳を傾ければ、語りかけてくる声を聞くことができる”

“ひとびとのこころに真の平和が宿るまで、国と国との間に平和はやってこない”

“人に与え、与えられるのが人生”

“過去を忘れ、こころから怒りを消し去れ  どんな強い人間もそんな重荷に耐え続けることはできない”

“泣くことを恐れるな 涙はこころの痛みを流し去ってくれるのだから”

“素晴らしい夢をみて それを行動に移せ”

“答えがないのも 答えのひとつ”

“生きている間に よく生きろ”

もっともっと紹介したいけど、あまりにも多すぎて紹介し切れません(笑) 興味があったら“ネイティブ・アメリカン”の世界を覗いてみてください!きっと語りかけてくれると思いますよ!

余談ですが、アメリカ・インディアンは『文明の遺産を後世に残すべく、絶滅寸前のアトランティス大陸から逃れた「赤色人」の末裔だ!』という説もあるんですよ!なんかロマンがありますよね!
[PR]

by knagase4 | 2007-04-02 22:55
<< “インフルエンザ” “卒業” >>